・筋力トレーニングを実践するなら断酒が基本です

筋力トレーニング生活を送るつもりなのであれば、基本的には断酒しましょう。
アルコールを摂取していると筋力トレーニングの効果がダウンすると言われています。
ですから、断酒が出来るのであれば今日からしましょう。
そして、元からお酒を飲まないという人はその生活を続けましょう。

・でも絶対に飲んではいけないというわけではありません

ですが、ムキムキの人の中にも酒豪はもちろんいます。
ですから、どうしてもアルコールを摂取したいのであれば「糖質制限」の考え方に沿って、糖質が一切含まれてないものを選ぶようにしましょう。
糖質完全フリーのお酒であれば飲んでも大丈夫です。

筋力トレーニング中にアルコールを摂取する事のデメリット3つ

1:テストステロンが減る

・筋力トレーニングの意味が無くなります

筋力トレーニングを実践すると「テストステロン」という物質が発生します。
この物質がないと筋力トレーニングを実践しても筋肉が増強されません。
ですから、筋力トレーニングの実践日と同じ日にアルコールを摂取してはいけません。
もちろん、飲酒が筋力トレーニングの前であろうが後であろうが両方駄目です。

2:オールアウト不能になる

・オールアウト前に身体が動かなくなります

オールアウトとは、筋力トレーニングなどをしてピークを越える事を言います。
そして、筋力トレーニングはオールアウトするまで行う事が大事です。

ですが、アルコールを摂取していると身体の動きが鈍くなって、オールアウトの前に動かなくなってしまいます。
ですから、筋力トレーニングをする意味が無くなってしまいます。

3:栄養が吸収されにくくなる

・蛋白質などが吸収されにくくなる

筋肉を増強させるためには、蛋白質が欠かせません。
ですから、筋力トレーニングを行う人は皆ささみやプロテインを摂取するのです。
ですが、アルコールを摂取している場合はその分解に対してエネルギーが注がれてしまい、蛋白質の吸収にまでエネルギーが回らなくなってしまうのです。

・アルコールはやっぱり筋力トレーニングの大敵です

蛋白質が吸収されないのでは、筋力トレーニングをいくらやっても無意味です。
やはり、アルコールは筋力トレーニングの大敵であると言えるのです。

ではアルコールの摂取がOKになる条件は?

・キーワードは「糖質」

それでもアルコールを摂取するのであれば「糖質」を意識してお酒を選びましょう。
つまり「糖質が全く入っていないお酒」だけを飲むようにするのです。
糖質が完全に排除されているのであれば、パッケージなどを見ればその事が分かるはずです。

ちなみに「糖質○パーセントOFF」などでは駄目なので、本当に全く糖質が入っていないお酒だけを飲むようにしましょう。

・飲んで良いお酒の例

まず、大半の蒸留酒は糖質ゼロです。
ですから、焼酎やウイスキーであれば基本的にOKです。
また、糖質ゼロの日本酒やビールもOKです。

・筋力トレーニングをした日はアルコール厳禁

繰り返しになりますが、筋力トレーニングをした(する)日はアルコールは絶対に駄目です。

・飲酒の前に蛋白質を摂取しておく

一定時間蛋白質の吸収効率がガクッと落ちるので、その前に蛋白質を摂取しておきましょう。
プロテインやHMBサプリメントで重点的に摂取しておく事を推奨します。

・どうせ飲むなら楽しもう

というような条件を全部守るのであればお酒を飲んでも構いません。
そして、どうせ飲むならとことん飲酒を楽しむようにしましょう!
そうする事でストレスが発散されれば、筋力トレーニングへのモチベーションも高まるはずです。

次に読まれる人気記事>> EMSマシンは筋力トレーニングの代替品になるの?