ここでは、レッグベルトとボディフィットとの違いなどについて説明していきます。

そして、レッグベルトを使うとふくらはぎを鍛えることができると言われていますが、そもそもふくらはぎを鍛えることにはどのような意味があるのでしょうか?

また、レッグベルトの特徴や口コミなども挙げていきます。記事の最後にはレッグベルトの価格や、レッグベルトを含むセット商品の価格を紹介していきますので、興味のある方はぜひお読みください。

レッグベルトの特徴は?

まずは、レッグベルトの特徴を見ていきましょう。

特徴1:充電方式

ボタン電池などの電池方式ではなく、充電方式となっています。ですから、電池を交換しなくて良いので、電池のストックの心配をする必要がありません。

また、電池代もかからないので良いですよね。

ちなみに、レッグベルトは5時間程度の充電で、約30回(レベル8の場合)使うことができます。ただし、これがレベル20となると、9回くらいしか使えないので気を付けましょう。

特徴2:アプリ連動可

筋トレをするにあたっては、とにかく「続けていくこと」が大事です。

そして、レッグベルトはスマホアプリと連動させることが叶います。

これによって「自分がどこをどのように鍛えているか」などが分かりやすくなりますので、筋トレへのモチベーションがより高まることでしょう。

そうなれば、筋トレを続けやすくなるはずです。

特徴3:着け心地がいい

レッグベルトは電極部分を除いて薄さがおよそ3ミリ、そして柔軟性に優れたソフトシリコン素材ですから、着け心地がとても良いです。

これなら、毎日ストレスフリーで装着することができるはずです。

レッグベルトで「第二の心臓」のふくらはぎを鍛えよう

ここでは、レッグベルトでふくらはぎの筋肉を鍛えることの利点を見ておきましょう。

利点1:足の関節が安定する

ふくらはぎの筋肉がしっかり鍛えられると、足全体が安定しやすくなります。足は身体全体の重さがかかる場所ですから、その足が安定している事が重要です。

ふくらはぎの筋肉が強いと、足の怪我をしにくくなりますよ。

利点2:見た目が綺麗になる

ふくらはぎの筋肉がしっかりしていると、女性であればいわゆる「美脚」になれますし、男性であれば「強い」という印象を持ってもらうことができます。

実際、ふくらはぎの筋肉を鍛えているモデルさんや、ボディービルダーなどは多いです。

利点3:健康に役立つ

ふくらはぎの別名は「第二の心臓」です。なぜなら、ふくらはぎの筋肉には「脚に運ばれてきた血液を、心臓に戻す」という役目があるからです。

そのため、ふくらはぎの筋肉が強いと、

・老廃物が追い出されやすくなる
・疲労が蓄積しにくくなる
・冷え性になりにくくなる
・血の巡りがよくなる

などのメリットが得られます。

腕や腹筋に比べると、ふくらはぎは鍛えるのを後回しにしてしまいがちな筋肉かもしれませんが、このような利点があるのでレッグベルトで鍛えていくことをおすすめします。

レッグベルトとボディフィットとの違いは?

レッグベルトとボディフィットは、どちらもEMSマシンであり、筋肉に電気信号を伝えて筋肉を鍛えることを目的とした機器です。

そのレッグベルトとボディフィットにはどのような違いがあるのでしょうか。

レッグベルトとボディフィットとの違い1:鍛えられる部位

レッグベルトとボディフィットでは鍛えられる部位が違います。

レッグベルトは基本的に脚しか鍛えられません。詳しく言うのであれば「ハムストリングス」「内転筋」「大腿四頭筋」と言ったところでしょうか。

一方、ボディフィットであれば、脚・腕・ウエストなど、身体の色々な部位を鍛えることが可能です。

レッグベルトとボディフィットとの違い2:「脚」への使い勝手

レッグベルトは脚への使用に特化したEMSマシンですから、非常に脚に装着しやすくなっています。誰でも簡単に装着することができるはずです。

一方、ボディフィットは「色々な場所に装着できるように」あいまいな形状になっていますから、脚に装着するのは少し大変です。

もちろんボディフィットを脚に使うのにものすごく苦労するというわけではないのですが、そういった小さなストレスの積み重ねによって「続けたくない……」という事になりますからね。

「継続していくことが第一」なEMSマシンにおいては結構大きなデメリットだと思います。

レッグベルトとボディフィットとの違い3:価格

ボディフィット2(ボディフィットもあるのですが、2の方がおすすめです)の価格は19800円ですが、レッグベルトは27500円となっています。

この価格差をどう見るか、というのは結構難しいですね。

レッグベルトの口コミ

レッグベルトの口コミを見ていきましょう

—————-

安い商品ではありませんが、脚なんて自力では鍛えられないと思うので、レッグベルトを購入しました。

レベルは2から開始して、6カ月経過した現在では7~8くらいで鍛えています。

そして、体重は6カ月で5.7キロ減りました。脚を鍛えることでも痩せられるんですね。

で、正直テレビを観たり、ゴロゴロしながらスマホゲーをやったりしながら使っているだけなのですごく楽です。

まあ、とにかく金銭的な事を考えても十分元は取れていると思います。

—————-

レッグベルトをパワーレベル2~3くらいで使っているのですが、それでもかなり早く筋肉痛になりますね。

そして、レッグベルトというくらいですから、本当は脚に使うべきなのでしょうが、最近はお尻にも使っています。お尻の筋肉を鍛えるのって難しいですからね~。非常に助かっています。

—————-

ぶっちゃけ「一切食事制限をしたくない!」ので、痩せるかどうか分かりませんでしたが、ツインレッグセットを購入して、左右の脚を同時に鍛えるようにしたところ、半月で1キロほど痩せることができました。

あとは、装着しながら料理などができると嬉しいのですが、さすがに筋肉への刺激が大きすぎるので無理ですね。まあ、それに対する文句はありませんよ。かなりの効果が出ていると思うので。

レッグベルトの効果はどれくらいで出そう?

これらの口コミに加え、アマゾンや楽天市場、その他個人ブログなどで感想を調べてみました。

すると「元々脚の状態が悪かった人」の場合は、1週間くらいで多少の変化を感じている人が多いという印象を受けました。

「特に脚の状態に問題がない人」の場合は、1カ月~3カ月程度でそれなりの効果を感じている人が多いと思いました。

ただし、中には半年~1年くらいでようやく効果を実感したという人もいましたので、レッグベルトはコツコツ続けていくことが大事だと思います。

っていうか、個人差がかなり大きいので驚きました。

レッグベルトが「効果なし」にならないために注意したいこと

レッグベルトを使う以外にも、ある程度努力した方が良いと思います。

レッグベルトを使うだけでもトレーニング効果が得られるとされていますが、早めに変化を感じている人の口コミを見ると「スクワットをした」「ウォッシングをした」などの声が目立ちました。

「効果なし」になりたくなかったり、早めに変化を感じたかったりする方は、自分でもある程度トレーニングしてみることをおすすめします。

あとは当たり前のことですが、あまりサボり過ぎないようにしてくださいね(たまにはいいと思いますけど)。

レッグベルトの価格は?【セットで購入しよう】

ではレッグベルトの価格を紹介していきますね。

・通常価格

通常価格は27500円です。まあ、やっぱり安いとは言えませんね。

・2個セット価格(ツインレッグセット)

先ほどの口コミにも登場していたツインレッグセットの価格は51100円です。

2個のレッグベルトを別々に購入すると55000円かかるので、3900円お得ですね。

2個買って左右の脚に同時に装着すれば、単純に筋力トレーニングの効率が倍になるので検討してみてはいかがでしょうか。

・アブズベルト(お腹周り)&ツインレッグセット
・フルベルトセット(アブズベルト+アーム(腕)ベルト&ツインレッグセット)

脚だけでなく、全身をほぼ最高効率で鍛えていきたいのであれば、こちらの「アブズベルト
&ツインレッグセット」か「フルベルトセット」をおすすめします。

ですが、前者は9万円、後者は13万円を超えてきますので、慎重に検討してから買うことをおすすめします。

ふくらはぎのトレーニングは坂道ダッシュに勝るものはありません。レッグベルトセットにするより、類似品と坂道ダッシュの組み合わせのほうがコスパはよさそうですね。

アマゾンでのレッグベルトの価格

ではアマゾンでのレッグベルトの価格を紹介していきましょう。

アマゾンでのレッグベルトの価格も、シックスパッドのオフィシャル通販サイトと同じで、27500円でした。

余談ですが、アマゾンでレッグベルトの価格を調べるのは結構大変でした……。

先述のとおり「アブズベルト&ツインレッグセット」「フルベルトセット」などもあるわけですが、それが個別になっていなくて、一つの画面に表示されるんですよね……。

って文章だとだいぶ表現しにくいので、本当に暇で困っている人だけアマゾンで「アブズベルト&ツインレッグセット」の価格を調べてみてください。良い時間潰しになると思います(笑)。

【参考】アマゾンでのレッグベルトの良い口コミ

では、アマゾンでのレッグベルトの良い口コミを見ていきましょう。

———————-

元々膝関節の状態に難があり、激しい運動などはできませんでした。

医者からは「太股の外側と全面を鍛えれば、膝への負担が減ります」と言われましたが、具体的にどうすれば良いのかはわからず……。そもそも鍛えると痛いわけですし(笑)。

というわけで装着するだけでもある程度のトレーニングになると言われているこれを購入しました。

装着しつつトレーニングを行ったら、10日目くらいから徐々に痛みが軽くなってきたと思います。

多分、膝関節を動かさずに太股を鍛えることができたんだと思います。

楽天でのレッグベルトの値段

続いて楽天市場でのレッグベルトの値段を紹介していきましょう。

楽天市場でのレッグベルトの値段もオフィシャル通販サイトやアマゾンと同じで29700円でした。

楽天市場の場合はアマゾンとは違って他のセットが探しやすくなっているので便利だと思います(それでも、オフィシャル通販サイトの方が圧倒的に見やすいですけどね)。

ちなみに、楽天市場での他のセットの価格もオフィシャル通販サイトと一緒でした。

【参考】楽天市場でのレッグベルトの悪い口コミ

アマゾンにおいては良い口コミを紹介しましたので、楽天市場に関しては悪い口コミを紹介していきますね。

———————-

レベル8でも30回は使えるとのことですが、それほどの回数は使えていません。

———————-

満タンまで充電しても数回でエンプティ音が鳴ってしまいます。

———————-

レッグベルトの公式サイトには「レベル8で30回程度、レベル20で9回程度使用できる」と記載されています。

まず、細かい使用状況などによっては、回数が前後する場合があるということを理解しておきましょう。

また、EMSマシン全体に言えると思うんですが、正直「記載されている回数よりも、少ない回数で充電が切れる傾向」があると感じます。

レッグベルトのセット内容を見ておきましょう

オフィシャル通販サイトで基本の「レッグベルト」を購入した場合のセット内容は以下のとおりとなります。自宅に到着したらすぐに、全部揃っているかどうか確認しましょう。

・レッグベルト(1台)
・台紙(1枚)
・高伝導ジェルシート(2枚)
・クリアケース(1枚)
・固定バンド(2本)
・保護カバー(1個)
・ACアダプター(1個)
・取扱説明書(保証書付き)1冊

特に取扱説明書などは無くても使用できてしまうので、見落としてしまうかもしれません。気を付けましょう。

レッグベルトのジェルシートの定期便について

オフィシャル通販サイトでレッグベルトを購入する場合は、自動的に「シックスパッド専用ジェルシート定期便」に入会することになります。

レッグベルトのジェルシートの通常価格は2900円ですが、この定期便であれば毎回2320円で購入することができるようになります。

「レッグベルトを買うのに、まだ他に買わないといけないものがあるんだ……」と思うかもしれませんが、シックスパッドを使う以上は必ず用いるものになるので、そこは割り切りましょう。

レッグベルトのジェルシートの偽物に注意

シックスパッドのオフィシャル通販サイトには以下のような記述があります。

「ジェルシートは絶対に本物を使うようにしてください。本物でないジェルシートを一回でも使ったのであれば、保証の対象から外させて頂きます。

また、本物でないジェルシートを使って何らかの事故が起きたとしても、一切の責任を負いません」

とのこと。

つまり「偽物を使ったなら、どうなってもしらないからね」という事ですね。

実際「EMS ジェルシート 激安」などで検索すると、リーズナブルなものがヒットするかもしれませんが、危ないので使わないようにしてください。

レッグベルトのジェルシートの正しい使い方

では、レッグベルトのジェルシートの正しい使い方を見ていきましょう。

1:片面だけジェルシートのフィルムを剥がす

ジェルシートにはオレンジのフィルムが貼ってありますが、その真ん中あたりに切れ目があるので、そこを使って片面だけ剥がします。

最初から全面剥がしても大丈夫と言えば大丈夫なんですが、片面だけにしておいた方が後が楽だと思います。

2:レッグベルトにジェルシートを貼る

レッグベルトに電極の枠に合わせて端から貼り、「1」で剥がさなかった分を剥がしながら、残りを徐々に貼り付けていきます。

とまあ、文章だとメチャクチャ説明しにくいんですが、言ってみれば「スマホの画面保護シール」と感覚はほとんど一緒です。

まあ、ホント簡単なので、説明書を見ながら行えば誰でもできると思いますよ。

 
人気記事>> シックスパッドの類似品はこれがオススメ!