アームベルトは腕用のEMSマシンであり、今のところ腕専用のものを売り出しているのはシックスパッドだけであると言われています。

ここでは、そんなアームベルトの特徴や効果、ジェルシートの使い方などを解説していきます。さらに、アームベルトに関するFAQも併せて挙げていきますので、ぜひご覧ください。

また、最後にはアームベルトと他のEMSマシンのセット価格についてもお伝えしていきますので、購入をお考えの方はそちらもチェックしていただければ幸いです。

アームベルトで効果的なのは(多分)シックスパッドだけ!

アームベルトはシックスパッドというブランドから売り出されている「EMSマシン」です。EMSマシンとは、電気信号を与えて筋肉を鍛えるためのマシンです。

通販番組などで一時期よく紹介されていましので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

ただ、そういったEMSマシンというと「腹筋のためのもの」という印象が強いと思います。ですが実際には、近年腹筋以外も鍛えられるEMSマシンも多くなってきているようです。

で、シックスパッドは「アームベルト」というものを世に送りだしているわけでなのですが、これは文字通り腕の筋肉を鍛えるためのマシンです。難しい言い方をするのであれば「上腕二頭筋」と「上腕三頭筋」ですね。

そして、このアームベルト。他の部位に装着するにはあまり向きません。あくまで、腕に装着する事を第一に考えて開発されていますので、腕の筋肉を重点的に鍛えたい方におすすめです。

「腕にも、脚にも、ウエストにも効果的」というEMSマシンは結構多いですが、「腕特化」のEMSマシンは、現状多分このシックスパッドのアームベルトだけです。

そういった部分に価値を見出してこのアームベルトを購入している方は少なくないようですよ。

アームベルトの効果と特徴は?

続いてアームベルトの特徴を見ていきましょう。

特徴1:スマホアプリと連動させることができる!

私も最初に知ったときはかなり驚いたのですが、シックスパッドのアームベルトとは専用のスマホアプリと連動させることができます。

Bluetoothを使ってスマホアプリとアームベルトを連動させることで、

・鍛えている部分の可視化
・スマホでアームベルトを操作できる
・電池残量が分かりやすくなる
・専門家からの筋トレのアドバイスがもらえる

などのメリットが得られます。

スマホアプリの利用料金はもちろん無料なので、ぜひ一度試してみてくださいね。連動作業は1分くらいで終わりますよ。

特徴2:薄さ3ミリ

アームベルトの電極などがついていない部分の薄さはわずか3ミリです。ですから、装着していも身体の動作をほとんど邪魔しません。装着しつつも、普段通りの服が着られる場合が多いと思います。

特徴3:充電型

アームベルトは充電型のEMSマシンです。ですから、電池交換は一切不要です。

電池式だと電池のストックを常に用意していないと不安になりますが、アームベルトであればそういったデメリットがないという事ですね。

また、電池交換がいらないのですから、お金の節約にもなりますよね。

アームベルトのジェルシートについて

続いてアームベルトのジェルシートについて解説していきます。アームベルトは直接肌に装着するのではなく、ジェルシートを電極部に貼ってから装着します。

アームベルトのジェルシートの魅力を見ていきましょう。

1:高電導ジェルシートです

アームベルトには「高電導ジェルシート」が使われています。

「高電導」とは、つまり「電気抵抗が非常に少なく、電気がそのまま伝わりやすい」という事です。

ですから、電気を高精度でバランスよく、筋肉に伝えることができると言われています。

2:肌への刺激が少ない

アームベルトのジェルシートは肌への刺激が非常に少ないと言われています。

3:水分吸収性も高い

アームベルトを使っていると、どうしてもわずかに汗が出てくるものですが、アームベルトのジェルシートは吸水性も高いので剥がれにくいです。

4:粘着性が長持ちする

アームベルトのジェルシートは、30回ほど使う(貼る)ことができると言われています。つまり、1日1回アームベルトを使うとすれば、1カ月程度は持つということですね。

※アームベルトのジェルシートに関する注意点

・腕の水気や汚れを取ってから使う
・ジェルシートが丸まってきたら交換する
・粘着力が低くなってきたら交換する

まあ、とにかく30回に到達していなくても、怪しくなってきたら交換してくださいね。

アームベルトのFAQをチェックしておきましょう

続いて、アームベルトの主なFAQをチェックしていきましょう。

Q:毎日使ってもいいの?

A:いいです。

ただし、1日1回までにしておきましょう。使い過ぎれば過剰に筋肉が疲労してしまって、トレーニングの効率が落ちたり、筋肉が傷んだりする恐れがあります。

Q:入浴中に使えますか?

A:絶対に使わないで下さい!

無理に入浴中にアームベルトを使うと、破損、ケガ、大事故などの恐れがありますから絶対に駄目です。

電流を流すマシンをお風呂場で使う……言うまでもなく危険すぎますよね。

Q:アームマシン本体が汚れてきてしまいました

A:布を使いましょう

本体の汚れは布で拭いてキレイにしてください。この際、乾燥した布を使うようにしましょう。

お手入れの仕方についての詳しいことは、アームベルトの取り扱い説明書に記載されています。

Q:どのレベルに設定すべきなの?

A:1ですかね。

それこそ最初は1に設定すべきだと思います。そして、刺激が物足りなければ徐々にレベルを上げていきましょう。

「勝手に鍛えられてしまう」ので、そこに関しては慎重になっておかなければならないと思います。

アームベルトのセット価格

最後にアームベルトの価格を紹介していきます。アームベルトはセットで買うとお得ですよ。

・単品価格

アームベルトの単品価格は22800円です。

・ツインアームセット(アームベルト2個セット)

普通は両腕とも鍛えていきたいでしょうから、アームベルトはこのツインアームセットで購入するのがおすすめです。

2個バラバラに買った場合の通常価格は45600円ですが、セットで購入すればセット価格で42400円で購入することができます。

※両腕を同時に鍛えると、腕の自由が効きにくくなってスイッチが切りにくくなりますので、気を付けましょう。

・アブズベルト&ツインアームセット

上記のツインアームセットに、お腹周りを鍛えるための「アブズベルト」がプラスされたセットです。

アブズベルトがS~Lサイズなのであれば通常価格は85400円となりますが、セット価格であれば79400円となります。

アブズベルトがLL~3Lサイズなのであれば通常価格は88600円となりますが、セット価格であれば82400円となります。

・フルベルトセット

上記のセットにさらに、脚用の「レッグベルト」が追加されたフルセットです。

アブズベルトがS~Lサイズなのであれば通常価格は140400円となりますが、セット価格であれば126300円となります。

アブズベルトがLL~3Lサイズなのであれば通常価格は143600円となりますが、セット価格であれば129200円となります。

腹筋だけを来るならシックスパッドではなく類似品もいい商品が出ていました。アームベルトまでセットで購入するのか、類似品で結果を出すのかも考えてみましょう。

人気記事>> シックスパッドの類似品はこれがオススメ!