プロテインは何がなんでも取り入れるべきか?

・プロテインとは?

知っている人がほとんどだと思いますが、プロテインには高濃度で蛋白質が含まれています。
筋肉を増大させていくためには蛋白質が必須ですから、筋力トレーニングをしているのであればプロテインは大いに役に立つはずです。

・プロテインのタイプ

プロテインのタイプですが、主に「ソイプロテイン」と「ホエイプロテイン」に分かれます。
前者は蛋白質を植物から摂っており、長期的に飲んでいくつもりの人にぴったりです。
そして、後者には動物性の蛋白質が入っていて、甘みがかなり強いものが大半です。

・プロテインの分類は?

もちろん「食品」でしかなく、薬や医薬品には分類されません。
系統としては豆乳や牛乳に似ていると思います。

プロテインを取り入れたくなる3つの要素

1:食事だけでは蛋白質が不足する

・プロテインであれば不足分をカバーできる

蛋白質は毎日体重×2グラム分摂るのが目安とされているのですが、一般的な食生活を続けていてもこれを達成する事はほぼできません。
無理矢理蛋白質をそれだけ摂取しようとするのであれば、満腹になっても尚なにかを食べなくてはいけなくなるはずです。

ですが、プロテインであればそれほどお腹にも溜まりませんし、簡単に蛋白質をカバーする事が可能です。

・蛋白質のダメ押しが可能

普通の食事で蛋白質が十分に摂取出来た場合にもプロテインは役に立ちます。
「ダメ押し」の気持ちでプロテインを飲んで、蛋白質を身体にぶち込んでおくのです。
蛋白質は基本的に摂れるだけ摂った方が良いです。

2:吸収されやすい蛋白質が含まれている

・プロテインの蛋白質は質が良い

プロテインに含有されている蛋白質は良質であり、身体に吸収されやすい(吸収が速い)です。
そのため、筋肉を増大させていくためにはトップクラスで良い食品であると言えます。

・少しなのに蛋白質がたくさん摂れる

たった1杯のプロテインで20グラム前後もの蛋白質をカバーする事が可能です。

・飽きにくい

実は味の種類が複数あるので飽きにくいです。
地味な部分ですが、これもプロテインのメリットと言えるでしょう。

3:食事よりも簡単に摂れる

・食事の用意の事を考えれば……

食事で蛋白質を十分に摂取しようと思うのであれば、使える食材も限られてくるので色々と考えていかなければなりませんし、調理・盛り付けの労力も掛かります。
ですが、プロテインであればパウダーをシェイカーに入れて混ぜるだけなので非常に簡単です。
プロテインのネガキャン記事などでは「プロテインは用意が大変」なんて書かれている場合もありますが、それは違うんじゃないなと思います。

・間食や筋力トレーニングの前後に飲みやすい

とにかく用意が簡単なので、ちょっとしたスキマでパパッと摂取できますし、満腹にもならないので筋力トレーニング向きの飲み物であると言えます。

自分に合ったプロテインを選ぼう

・まずプロテインは必須と考えよう

目立ったデメリットはないので、プロテインを飲まないのは勿体ないです。

・ホエイプロテインが合っている人は?

早く筋肉を増大させていきたいと考えている人に合っています。

飲み続けていると吸収されにくくなる恐れがある(常に蛋白質が身体の中にあるせいで、吸収しなくていいやと身体が感じでしまうため)ので気を付けましょう。
3ケ月前後の短期間で身体を仕上げるつもりなのであれば向いています。

・ソイプロテイン

こちらのプロテインは時間をかけて吸収されていきますので、長期的にトレーニングしていきたい人に向いています。

・探す価値あり!?ライスプロテイン

玄米由来のハイクオリティな蛋白質が含有されているプロテインであり秀でた作用が望めるのですが、レアなせいで非常に入手しにくいという欠点があります。